• ナカバリ ヨウコYoko Nakabari

    CHILD OF THE SUN design studio 代表 

  • MESSAGE

    より自信をもっていただけるデザインをするために、その人の人となりからはじまり、商品等の特徴や役割をできる限り理解することを心がけています。食べもの関係や食にまつわる製品関係、または手に職的な分野が好きですが、分野に関わらず、より良い形にしていく過程が好きです。

  • PROFILE

    1978年海陽町生まれ。
    グラフィックデザイン会社勤務経験などを経て、2010年独立。
    主な仕事内容:チラシやパンフレット等の紙もの、
    パッケージ、ロゴマーク、看板などのグラフィックデザイン全般
    主なクライアント:農家さん、食品加工・販売業者さん、飲食店さん、
    製造業者さん、雑貨店さん、作家さん、職人さん、工務店さん

  • WORKS & AWARDS
    • 『小さなお店、すてきな街のショップカード・DM・フライヤー

    • パイ インターナショナル』掲載

    • 『レトロ印刷の本/手紙舎』掲載

  • 寸分たがわぬ樽づくり 岡田製樽 ロゴマーク、パンフレット

    • 全国でも数少ない、おひつや樽をつくられている岡田製樽さん。その希少性や技術、価値を象徴し、かつ伝統工芸、古き良き日本、丁寧な暮らしに興味のある層にも響くロゴマークに一新。コピーライティングや新たなイメージの撮影も行い、製品紹介も兼ねたパンフレット等を制作しました。

      デザイナー:ナカバリヨウコ コピーライター:わたぐも舎 カメラマン:近藤奈央 クライアント:有限会社 岡田製樽
  • あたたかな箱から覗く、 はっとするいちごの赤 いちご農家さんの ギフトボックス パッケージ

    • 「自分の子供に食べさせたいものをつくる」がスローガンの、家族で美味しいいちご(またその加工品)を作られている西岡産業さんのギフトボックスです。あたたかさや食の安全性が連想できるよう、クラフト紙の質感を活かすべく、あえて印刷をせずデボス加工という手法で、雑貨屋さんに置いても馴染むようなデザインにしています。

      デザイナー:ナカバリヨウコ クライアント:有限会社 西岡産業
  • そのままでしっとり。 焼いたらカリッ。 おいもまあむ おいもまあむ パッケージ

    • なると金時を贅沢に使い、美味しく身体にも優しいお菓子をひとつひとつ手作りされているなかのファームさんの焼き菓子パッケージです。置き場所もコンパクトで作業効率も良いピロー型。優しい手作り感が伝わるような再生紙を使いました。

      デザイナー:ナカバリヨウコ クライアント:なると金時のおかし屋さん なかのファーム
  • いつでもどこでもカリッ。 キントキップス KINTOKIPPS パッケージ

    • 農産物の加工品を開発・製造されている蜂須賀さんから販売のなると金時のチップKINTOKIPPS(キントキップス)。ネーミングはキントキ+チップスからなる造語、また、噛んだ時のカリカリとした弾むような食感を表現しました。かばんに忍ばせておくのにちょうどよいサイズ感。より美味しさが長持ちする光を通しにくい素材を採用しています。

      デザイナー:ナカバリヨウコ クライアント:株式会社 蜂須賀
  • 毎日てづくりアイスクリーム ジェラートギフト パッケージ

    • 蒜山高原の新鮮ジャージー牛乳と、県内外の新鮮果物や野菜を贅沢に使ったアイスクリーム屋Naturaさんの宅配可能なギフトボックス。冷凍便で送られるボックスには、耐水かつ、やさしい紙の質感を感じる帯巻で、ナチュラル感を出し、開ける前のワクワク感を演出しました。ボックスにはパンフレットや食べ方のしおりも同梱されます。

      デザイナー:ナカバリヨウコ クライアント:Natural Gelato + Cafe Natura